ゲーム開発、遊技機開発、映像制作で培った技術、ノウハウを応用し、双方向型大型デジタルサイネージ、書店様向け書籍検索注文タブレットを企画・開発・納入しています。
パチンコホール様向けのデジタルサイネージ企画・開発など、展示映像系、広告販売促進系、コンサート演出映像システム系なども対応が可能です。
また2015年より、視覚障害者(全盲、ロービジョン、シニア)向けのスマートフォンシステムの開発に着手し2016年の製品化を目指しています。
2020年の東京オリンピック、パラリンピックに向けては、弊社の技術、ノウハウを総結集し、エンターテインメントのみならず、福祉サービスなどでもお役に立ちたいと考えております。新規事業は「ゲームの次へ」を目指します。

全国で164万人(内全盲者18万人)とも言われる視覚障害者の方は、実はITを積極的に活用されています。スマートフォンやタブレットも例外ではなく、是非使ってみたいという声は非常に多いにも関わらず、タッチパネルを搭載した機器は指で触れる部分が平坦なため、実際に扱うのは非常に難しくなっています。
そこで、高速・高機能のスマートフォンを視覚障害者の方にも使って頂けるよう、指で触れてキーの位置を確認出来るスマートフォン専用のケースを開発しました。
併せて、電話、メール、ニュースなど生活の中で特に優先度の高い機能をケース専用アプリとして並行開発しました。これにより、アプリ毎の操作方法を統一し、少ないキーで様々な機能を使うことができます。
スマートフォンに指で触れて、音声、振動で様々な機能が扱える専用ケース、専用アプリは2016年発売予定です。特許出願済み。

国内: 特許出願中(特願2015-000895号)
国外: 特許出願中

吉祥寺キラリナの京王電鉄グループ 啓文堂書店様(7階)に、100インチのデジタルサイネージを設置しました。リアプロジェクタとキネクトを使い、インタラクティブな操作が可能です。これはゲーム開発の技術を応用したものです。
書籍広告、書籍検索、注文、ゲーム、様々な魚達が泳ぐ水族館などが楽しめます。
同時に、タブレット型検索機、販売管理用システムも開発しました。
既に啓文堂様にて運用実績がありますので、書籍に限らず、タブレットからの検索、注文などのシステムは企画・開発が可能です。

https://www.youtube.com/watch?v=WT15AyP7c1Y