◆応募書類送付    - 投函直前、忘れたものはないかドキドキですが、これが選考への第1歩。
      ↓
   ◆書類選考      - 最初に個性を表現できる場面!
      ↓
   ◆職種により課題あり
      ↓
   ◆1次面接      - 先輩たちとタボットでやってみたいことを熱く語ってください
      ↓
   ◆2次面接      - 部門の責任者とガチなトークを!
      ↓
   ◆適性試験      - 2時間もの長丁場
      ↓
   ◆役員面接      - あとは、当たって砕けろ・・・
      ↓
   ◆内  定      - プロクリエイターへの第1歩

   ※選考の時期やスケジュールの都合などによっては、順番や期間は変動する可能性があります。


遠方から面接に来てくれる方と話していて、一番苦労しているのが東京までの往復の交通費負担と時間の制約。
タボットでは、こうした負担を少しでも軽減できるよう工夫しています。

Skype面接

お手元のスマホやタブレットを利用して、自宅や教室、カラオケルーム(!?)から1次/2次面接を行うことができます!もちろん、直接来社してもらうときと採用基準など一切変わりませんのご安心ください。

役員面接時の交通費支給

役員面接時は、下記の移動距離基準に則って交通費を支給致します。
100km~200km 上限1万円
200km~本州 上限2万円
北海道・四国・九州・沖縄 上限3万円

必要なのは、役員を目の前にしても気遅れせずに「自分らしさ」を表現することです!

タボットでは、職種別採用を実施。
自分自身が将来やりたいこと、好きなことはどんなことかをしっかり見極めて、希望職種を選択してください。

採用選考にあたって各職種共通しているのは、次の点です。
 1、自主性
 2、協調性
 3、自分らしさ / こだわり
 4、職務に関連した興味 / 経験
こうした点を、応募書類、課題、適性試験、面接結果を通じて総合的に判断して決定します。

こう書くと、とても難しいようにも見えますが、みなさんが今までにやってきたこと、考えてきたこと、経験してきたことを「きちんと自分自身の言葉」で綴ってもらえれば大丈夫です!

会津大学/青山学院大学/岡山大学/鹿児島大学/関西大学/九州大学/熊本大学/慶應義塾大学/高知大学/国学院大学/女子美術大学/成蹊大学/多摩美術大学/千葉大学/中央大学/筑波大学/帝京大学/電気通信大学/東海大学/東京芸術大学/東京工科大学/東京大学/東京電機大学/東京農業大学/東京理科大学/東北芸術工科大学/東北大学/東洋大学/豊橋技術科学大学/南山大学/新潟大学/日本大学/一橋大学/法政大学/北陸先端科学技術大学院大学/北海道大学/武蔵野美術大学/明治大学/山梨大学/立教大学/立命館大学/早稲田大学

Academy of Art University、アミューズメントメディア総合学院、アーツカレッジヨコハマ、沖縄工業高等専門学校、デジタルハリウッド、東京ゲームデザイナー学院、東京コミュニケーションアート、東京ネットウエイブ、日本電子専門学校、日本デザイン学院、HAL大阪、HAL東京、HAL名古屋、他

▼さっそくエントリー!
recruit-tabot@tabot.jp